トップ > 雑誌 > 「資産承継」(2022 10月号 No.26)
税務関係 > 雑誌「資産承継」 > 「資産承継」(2022 10月号 No.26)

「資産承継」(2022 10月号 No.26)

税込価格: 1,500 円 (本体価格: 1,364 円)

野村資産承継研究所 監修

ページ数 / 判型: 188ページ / B5判

2022年10月20日刊

商品コード : 77026
製造元 : 野村資産承継研究所 監修
本体価格 : 1,364
価格 : 1,500円(税込)
送料無料で発送いたします
数量
 

送料無料で発送いたします

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト

電子書籍版を購入

年間購読のお申し込み

本誌は、資産承継や事業承継をテーマとして、株式会社 野村資産承継研究所が執筆・監修した定期刊行物です。経営、税務、法務、金融資産・不動産マネジメント等の幅広い分野について、当研究所が持つ資産・事業承継に関するノウハウや最新の情報を余すことなく掲載して発信することを目的としており、税理士・会計士・弁護...

本誌は、資産承継や事業承継をテーマとして、株式会社 野村資産承継研究所が執筆・監修した定期刊行物です。経営、税務、法務、金融資産・不動産マネジメント等の幅広い分野について、当研究所が持つ資産・事業承継に関するノウハウや最新の情報を余すことなく掲載して発信することを目的としており、税理士・会計士・弁護士等の士業の方はもちろん、「資産承継」に関心をお持ちの企業オーナーの方や資産家の方を対象とした総合専門誌です。

主要目次

<巻頭言>
評価通達6項の適用要件

◆特集 非上場会社における少数株主への対応
・少数株主による株主権の行使とその実務的な対応
・会社法上の非上場株式の価格決定プロセス
・株式承継対策から生じる少数株主問題
・所在不明株主等への対応

◆資産承継の視座
・歴史にみる事業承継〔第二十六回〕九鬼嘉隆─守隆
・「経営陣開発」のプロと聞く─カリスマからチーム経営へ─
 〔第十九回〕進化する同族承継のかたち
・経済学的に考える〔第十五回〕「定和社会」と「拡大社会」
・事例から学ぶ家族法─寄与分が問題になる場面(前編)─
・弁護士社長のよもやま話(第14回)

◆資産・事業承継を巡る最近の動向
・資産税関係の判決・裁決の最近の動向

・「電話相談室」から
Q1 配偶者居住権の設定にかかる課税関係
Q2 一世帯住宅の場合の配偶者居住権の設定
Q3 二世帯住宅の場合の配偶者居住権の設定
・株式納税猶予制度活用事例解説(第11回)
・《マクロ経済と家計からの視点》岸田政権の「資産所得倍増プラン」とNISA
・コンサル奮闘記(第9回)特例承継計画の記載方法に関する留意事項

◆論 説
・新しいかたちの相続 家族信託実務基礎編(その25)
 信託監督人(3)─信託監督人の権限の拡張はできるのか─
・国際税務の基礎その20 ─環境と税に関する国際協調の現状─
・第25回 財産(資産)評価の実務研究(完)
・(資料)類似業種比準方式による株価の推移

税込価格: 1,500 円 (本体価格: 1,364 円)

野村資産承継研究所 監修

ページ数 / 判型: 188ページ / B5判

2022年10月20日刊

ページトップへ